MENU

キトサンは機能性表示食品です

機能性表示食品とは

 

機能性表示食品

特定保健用食品、いわゆるトクホや栄養機能食品とはまた違った、新しい食品の機能性表示制度として、2015年にできた機能性表示食品です。例えば機能性表示食品は「お腹の調整を整える」とか「血糖値の上昇をおだやかにする」などの、健康効果を広告や商品に表示することができます。

 

今までは特定保健用食品や栄養機能食品だけが、このように健康効果を表示することが認められていました。しかしこれだけでは消費者の商品選択が難しいということから、商品の正しい健康効果の情報の範囲を増やしたのです。それによって消費者は正しい情報を得ることができ選択肢が広がりました。

機能性表示食品の機能性関与成分としてのキトサン

機能性表示食品には機能性関与成分が存在していますが、キトサンは機能性関与成分として、さまざまな機能性表示食品の機能性関与成分として表示されています。もちろんキトサンが配合されているからと言っても、すべての食品が機能性表示食品となるわけではありません。上でもご紹介したとおり、機能性関与成分としての成分の臨床試験の結果や研究結果などの情報を消費者庁に提出することが必要です。

 

現在キトサンは「コレステロール値を改善」効果のある機能性関与成分として2件、「体脂肪を減らす・中性脂肪を抑える・血糖値の上昇を抑える」として2件、「中性脂肪を抑える・血糖値の上昇を抑える」として1件の合計5件の健康補助食品が機能性表示食品の機能性関与成分届け出ています

機能性表示食品と特定保健用食品の違い

特定保健用食品は有効性や安全性を国が審査を行っています。そのため消費者庁長官による許可を得た食品のことです。機能性表示食品の場合は有効性、安全性の根拠に関する情報を消費者庁へ届けることで事業者が責任をもって表示をするというものです。

 

サプリメント=機能性表示食品ではない

 

サプリメントの中でも機能性表示食品ではないものもたくさんあります。特に機能性表示食品に科学的根拠に関する情報を、消費者庁に提出ているもののみとなります。

大正キトサンはこちら