MENU

低分子水溶性キトサンとは

高分子キトサンを特殊溶解し、低分子化した加工キトサンのことを言います。キトサンの元となるキチンは不溶性食物繊維ですが、加工し水溶性キトサンにすることで、体に馴染みやすい物質となり吸収率も約2.5倍以上高くなると言われており摂取するためにはサプリからとなります。

 

 

低分子水溶性キトサンの脂肪吸収

摂取した油(食事に占める脂質の割合は10〜30%といわれています。)の吸収を抑え、腸から吸収できないようにする働きです。低分子水溶性キトサンは、低脂肪ダイエットサプリメントとして人気があります。

 

食事から摂取した脂肪は、胆汁とリン脂質によって小さな粒状となり増えていきます。膵臓から分泌さる脂肪消化酵素の一つリパーゼが、粒状になった脂肪を包んで、遊離脂肪酸を作るのです。脂肪はそのままでは腸から吸収されません。リパーゼによって消化さることで吸収されるのです。

 

低分子水溶性キトサンは小さな粒状にするときと、リパーゼが粒状の脂肪を包むという2カ所で邪魔をして脂肪を腸から吸収できないように働くのです。脂肪を粒状にするのに必要な胆汁をキトサンが吸着して排出してしまうので、脂肪が小さな粒状にならないようにします。

 

そして低分子水溶性キトサンは、脂肪分解のために働くリパーゼを助けるリン脂質の働きを阻害するのです。リパーゼに直接影響を与えることはできませんが、間接的にリパーゼを抑制します。これらの働きによって脂肪吸収を阻止するパワーが高く、それは一般のキトサンの約2.5倍とも言われています。

 

低分子水溶性キトサンはどんなダイエットにおすすめなのか?

低分子水溶性キトサンは、その吸収率と効果の高さに特徴があります。特に低脂肪ダイエットをサポートします。低脂肪ダイエットは脂肪分の摂取を減らすというダイエットなので、野菜類の食物繊維と一緒に摂ることで、効果はより期待できます。

大正キトサンはこちら

関連ページ

きのこキトサン
キトサンというとカニやエビの甲羅や殻から抽出した成分というイメージがありますが、実はキノコにも含まれており、カニやエビのキトサンとはまた少し違った特徴があるのです。ここではキノコに含まれているキトサンについてのご紹介です。
甲殻類キトサン
甲殻類キトサンについて、どのような働きがあり、どのように摂取したらいいのでしょうか?!甲殻類キトサンについて詳しくご紹介します。
高分子水溶性キトサン
キトサンの効果として、ダイエット、コレステロール値、血糖値などの低下に作用があることを知ると、今日からでも飲みたいと思うのも当然かも知れません。キトサンには高分子水溶性や低分子水溶性などいろいろな種類があります。ここでは高分子水溶性キトサンについてのご紹介です。
不溶性キトサン
キトサンはいろいろな効果がありますが、特にダイエットに効果が高いことや、コレステロール値や血糖値の低下に作用することから中高年にも大人気です。キトサンには不溶性、水溶性の種類があります。不溶性キトサンとはどのようなものなのでしょう。